ドルコスト平均法とは(FXスワップ金利!FX金利比較情報サイト)

ドルコスト平均法とは(FXスワップ金利!FX金利比較情報サイト)

TOPページ > > ドルコスト平均法とは

 

ドルコスト平均法とは

 ドルコスト平均法は、長期投資のメリットを活用した投資手法で、定期的に一定の金額を継続して投資する方法です。外貨預金でいえば、為替レートが円安ドル高のときには少ない口数を、為替レートが円高ドル安のときには多くの口数を購入することになります。

例えば、毎月10万円分アメリカドルを購入するとすれば、1ドル100円の時は、1000ドル購入となりますが、1ドル=200円の時は、500ドル購入となります。

その結果、平均買い付け価格が一定になり、一度に多くの購入をするよりもリスクを分散することができます。

株式や通貨などを、毎月一定額で買い続けると、価格が下落した時には多く購入でき、価格が上昇していれば、少ない量だけ購入することになり、一度の購入に比べ、平均コストを安く抑えることができることをいいます。

ただし、これは長期的に上昇傾向であれば、効果的な投資法ですが、下落傾向にある場合は、損を上乗せするだけなので注意が必要です。

FXスワップ金利狙い口コミ人気ランキング

no1.gif FXCMジャパン証券 ・・・・スワップポイントの高さで人気の会社。

no2.gif ひまわり証券 ・・・・スワップ狙いでの税金対策で有利な会社として人気。

FXスワップ金利なら

2012年02月27日のスワップポイント比較表

 

豪ドル/円

米ドル/円

ニュージーランドドル/円

ポンド/円

FXCMジャパン証券

104

12

52

12

サイバーエージェントFX

104

4

45

14

マネックスFX

103

4

50

15

クリック証券【FX】

100

4

49

12

みんなのFX

103

6

40

16

(10,000通貨単位)

ページトップへ↑